記事内にプロモーションを含む場合があります 家庭学習

スマイルゼミ「コアトレ」徹底ガイド|学年式に無学年式学習が加わったスマイルゼミがすごいよ

スマイルゼミ コアトレ
まりママ
この記事では2022年4月から開始するスマイルゼミの新サービス「コアトレ」についてコアトレの特徴や学習内容、使い方、コアトレがお子さんの学習にどのように役立つのか書いています。実際に受講中で利用者向けの説明会にも参加したので詳しく紹介していきますね!

スマイルゼミ「コアトレ」の一番の特徴は、これまでの教科書に沿った学びの学年式学習にプラスして学年を超えた無学年式学習ができるようになったことです。

通信教材は大きく学年式と無学年式に分かれますが、この2つを組み合わせた通信教材はスマイルゼミが初なんです!!

ねこ先生
コアトレで得意な部分は先取り学習、苦手な部分はさかのぼり学習できるようになったんだよ。学年式と無学年式のいいとこどりだね。

実はスマイルゼミ受講中の次女は中学受験に向けて通塾が忙しくなっていて、スマイルゼミを辞めようか悩んでいたんですよね...。でもコアトレの説明会を聞いて「絶対続ける!」と言うので退会するのを辞めました(笑)

そうなんですよ。コアトレには「みんトレ」というリアルタイムで子ども同士が競い合える機能のあるよう。どうやらそれをやりたいみたい。

まりママ
子どものモチベーションアップになりそうな機能もあって期待大です。

スマイルゼミ「コアトレ」について気になっている方は最後までぜひぜひ読んでみてください!

今すぐ公式サイトを確認する>>>>スマイルゼミ

Contents

スマイルゼミの「コアトレ」の特徴と学習内容

スマイルゼミ「コアトレ」は、2022年4月から始まるスマイルゼミの新サービス。CMでも「みんトレ」について紹介していますよね。

コアトレの特徴をまとめてみました。

  • 幼児~中学3年生レベルの問題が配信される無学年式学習
  • コアトレの対象は年中・小学生コースのみ
  • 配信される教科は国語と算数(数学)の2教科
  • 単元を細かく分けた小単元ごとに進むスモールステップ形式
  • 小単元ごとに解説動画と練習問題があるから先取学習も理解しやすい
  • 全国のスマイルゼミユーザーと「みんトレ」でバトルできる

通信教材には学年式と無学年式があって、これまでのスマイルゼミは学年式のみの配信でした。

  • 学年式:学校の授業に沿った内容。決まった時期に決まった量の学習が届く
  • 無学年式:学年に関係なく、各子供のレベルや進み具合に合わせて進める学習

それが無学年式の「コアトレ」が加わったことで、学年に関係なく学習が可能になったんです。「もっと文章問題に強くなりたい」「苦手な計算を克服したい」といったピンポイントの学習ができるようになったということ。

従来のスマイルゼミの学年式の学習方法はそのままに、別コンテンツが加わったかたちです。なのでこれまで通り学年に合わせた授業の予習・復習、テスト対策もばっちりできますね。

年中~中学3年生レベルの問題が配信される無学年式

 

コアトレには幼児~中学3年生レベルの問題が配信され、苦手な部分はさかのぼって学習、得意なところはどんどん先に進めることができます

スマイルゼミ小学生コースには標準と発展クラスがあって、発展クラスは問題数も多めでしたが先取り学習のような使い方はできなかったんですよね。また、学年式は苦手な部分をさかのぼりにくいので、無学年式のいいところをうまく取り入れているなという印象です。

まりママ
自分の理解度に沿って、自分のペースで進められるところが大きなメリット!

スマイルゼミだけだとちょっと物足らないのでは?と感じてた方にも嬉しい内容ですね。

コアトレの対象は幼児・小学生コースのみ

コアトレの対象コースは幼児と小学生コースのみ。

コアトレでは年中~中学3年生までの範囲を学習できますが、スマイルゼミ中学生コースには搭載されません。中学生コースはもともと各学年の1年分の教材が配信されるので先取りとさかのぼりができるようになっているんです。

中学生の学習の範囲がこちら。

さらに特進クラスでは中学1年生4月~現学年の一つ上の学年3月までの範囲が学習可能ですので、すでにコアトレのような機能があるということですね。

配信される教科は国語と算数(数学)の2教科

コアトレは国語と算数(数学)の2教科に特化したコンテンツ。社会、理科などは配信されません。

これは上記の計算・数量・図形・文字漢字・言葉・文のしくみの6つの分野がいろんな教科の基礎となる部分だからなんだそう。

確かに理科や社会にも計算力や文章を読む力が必要になってきますよね。

2教科のみですが、問題量はかなりあるようです。練習問題はランダムにでるので、満点をとるまで繰り返すのがおすすめですよ。

単元を細かく分けた小単元ごとに進むスモールステップ形式

学習したい単元を選ぶと、単元をさらに細かくわけた小単元ごとのステージがあります。学習の流れのイメージはこんな感じ。

  1. 学習したい単元に入る
  2. 単元をさらに細かくした小単元のステージがある
  3. 小単元ステージの練習をクリアすると次の小単元ステージに進むことができる
  4. すべての小単元ステージをクリアするとその単元の確認テストがある
  5. 確認テストをクリアすると次の単元へ進むことができる

このように1つの単元がいくつもの小単元に分かれていて、各小単元に練習問題があります。簡単な小単元から難易度をあげていくことで無理なく進めていくことができるんですね。

まりママ
いきなり難しい問題だと最初からつまずいちゃうからコアトレのスモールステップ方式はいいですよね。

またコアトレのカリキュラムは、各単元を体系的に関連付けされている学習。学んだことが次の問題を解くのにいかされます。体系学習はつまづきがある場合にも最短で学びなおせるルート。

スマイルゼミのコアトレは独自のカリキュラムを設計していて、関連する図形や数量分野も一緒に学ぶことができるようになっています。

小単元ごとに解説画像・動画と練習問題があるから先取学習も理解しやすい

すっごくいいなーと思ったのが小単元ごとに解説画像・動画があること!

タブレット教材の良さって一人でサクサク進められることがメリットだと思うのですが、先取りはどうしても誰かが教えてあげる必要があります。

高学年になってくるとある程度自分で進めることができますが、低学年だとなかなか一人で先取りをしていくのは難しいもの。それがコアトレには小単元ごとにポイントを押さえた解説の画像や動画が入っているので、子ども自身が見ながら解いていくことができるんです。

ねこ先生
一人で取り組んでも理解できるようになっているよ。

画像・動画をみながら学んで、解き方が理解出来たら練習問題に取り組んで知識を定着させる、という流れなので、分からないまま次へ進んでしまうことがありません

まりママ
ここまで手厚い機能が搭載されるなんて嬉しすぎる!!

つまずいている部分も動画があるともう一度解き方を見直せてすごくいい機能だなーと思っています。

全国のスマイルゼミユーザーと「みんトレ」でバトルできる

スマイルゼミのコアトレには全国のスマイルゼミユーザーとバトルするみんなとトレーニング「みんトレ」という機能もできるそう。

みんトレの流れはこちら。

  1. みんトレのアイコンがある単元に入ってみんトレを開始
  2. ランダムにピックアップされた5人のユーザーがマッチングされる
  3. 出題された問題を時間内に解く
  4. 一番点数の良い人が勝ち!

ランダムにピックアップされる5人は同じ単元を学習しているお子さん(同じレベルくらいということ)になります。

リアルタイムで行うので、早朝や遅い時間には開催されないようになっているそう。

自分以外のユーザーに気持ちを送れるので、仲間と一緒に勉強している連帯感が生まれ、モチベーションの維持に役立ちます。トラブル防止のためメッセージは定型文のみ、問題を解く以外にユーザー同士の交流はできないようになっています。子どもだけでやっていても安心ですね。

まりママ
このみんトレは娘もすごく楽しみにしているコンテンツです。

「競う」気持ちは勉強に取り組むうえでいい原動力になるので、楽しみながら競争心もちょこっと刺激してくれるおもしろい取り組みだな、と思いました

スマイルゼミ「コアトレ」の申し込み・設定・料金について

コアトレはスマイルゼミのこれまでの教科書の教材に追加されるコンテンツ。なので、コアトレのみで契約することはできません。

スマイルゼミを申し込むと自動的に表示されるので特にコアトレの申し込みは必要ありません。

しかもスマイルゼミのコアトレは、追加料金無料.....!!

スマイルゼミの受講料金のみでコアトレもできちゃうんですね。

まりママ
振り返り・先取りができる無学年学習が無料なんてすっごく嬉しい。

娘には夏休みなどの長期休みにスマイルゼミに加えてドリルを買っていたので、追加の教材がいらなくなるな、と期待しています。

スマイルゼミの月々の受講料金はこちら。コアトレは幼児・小学生コースのみですので、ここでは中学生の料金は除いています。(税込み価格)

毎月払い 6か月一括払い 12か月一括払い
幼児 3,960円 3,520円 3,278円
1年生 4,268円 3,718円 3,278円
2年生 4,510円 3,960円 3,520円
3年生 5,170円 4,620円 4,180円
4年生 5,830円 5,280円 4,840円
5年生 6,710円 6,160円 5,720円
6年生 7,260円 6,710円 6,270円

上記の費用以外にスマイルゼミはタブレット費用10,978円(税込)がかかります。

また、表は標準コースの料金になるので、発展コースを受講する場合、英語プレミアムを受講する場合には別料金がかかります。公式HPでは料金のシュミレーションができるので、チェックしてみてくださいね。

スマイルゼミは資料請求するとクーポンコードがついてきたりとお得情報もあります!

>>スマイルゼミ資料請求はこちら

スマイルゼミ「コアトレ」の使い方

上の写真は通常の学習画面。

スマイルゼミのコアトレは通常の学習画面左上に表示される「コアトレ」から入ることができて、通常学習モードとコアトレモードで切り替えることができます。

まりママ
「今日のミッション」に組み込まれるわけではないので、区別がしやすくていいですね。娘には今日のミッションが終わった後にコアトレに取り組むように言おうと思います。

コアトレモードはタブレットを縦にして使います。

はじめて使い始める時は受講中の学習より少し前の単元が表示されるようになっています。少し前から始めることで振りかえりをし学習が理解できているか確認できます。

受講中の学年より下の単元は解放されているそうです。

先取りについては1つずつ単元をクリアしないと次の単元には鍵がかかっていて入れないようになっています。

ねこ先生
1つずつスモールステップで着実に理解・定着させていくよ!

単元に入るとさらに小単元にわかれます。

小単元は「まなぶ」と「れんしゅう」で1セットになっています。理解できている小単元はまなぶを飛ばして練習からスタートしても大丈夫。練習問題でつまづいたときは「まなぶ」でしっかり解き方を確認しましょう。

練習問題が解けると次の小単元に進むことができます。

小単元すべてがクリアできると最後に確認テストに進みます。この確認テストもクリアできると次の単元が解放される仕組み。分からないまま進んでしまう、ということが防げますね。練習問題はランダムに出題されるので、何回も繰り返し解くのがおすすめです。

次はお楽しみのみんトレ!

みんトレマークが出ている単元で参加できます。

みんトレの内容は上でも説明した通りで、ランダムにピックアップされた5人のユーザーで競うことになります。

ねこ先生
コアトレにはこのほかにも通常学習とは別のごほうびがあって、トロフィーなどを集めることができるよ。

スマイルゼミ「コアトレ」は子どもの学習にどう役立つの?

コアトレで期待できることは応用力の土台となる基礎学力の向上です。

基礎学力とは、読み・書き・計算といったすべての学習の基礎となる知識や能力のこと。

コアトレではこの

  • 国語:文字と漢字・言葉・文のしくみ
  • 算数(数学):計算・数量・図形

の6つの分野、学力のコアとなる部分を鍛えていきます

文章を正しく読んだり書くには文字や言葉の知識、文の構成を理解する必要があります。文章を正しく理解することは国語だけに必要な力ではありません。

社会や理科、もちろん算数もまず問題を正しく理解できなければ解答できないですよね。

算数の計算や数量も理科の濃度計算や社会の人口密度を回答する際にも必要な知識になります。

基礎部分をしっかりおさえることで学校の授業はもちろん、応⽤問題や教科を横断した複合問題にも取り組めるようになります。

まりママ
すべての教科の底上げにつながります!

>>スマイルゼミ資料請求はこちら

スマイルゼミ「コアトレ」のFAQ

みんながコアトレについて気になっている部分をまとめてみました。

スマイルゼミ「コアトレ」はいつから使えるの?

コアトレは2022年4月から配信されるコンテンツです。

そのため受講されている方でもまだ見ることはできません。4月号は3月25日に配信されるので、そこで確認できるかなーと思っています。

コアトレに興味があって試してみたいという方は体験会に参加するか、2週間お試しを利用するのもいいかと思います。

兄弟で一緒に使えるの?

スマイルゼミを兄弟で一緒に使うことはできません。一人1台のタブレットが必要になります。

スマイルゼミは通常学習モードは教科書準拠の学年式です。そのためタブレットごとに配信される学年が決まっているので、兄弟一緒につかって複数の学年を受講することはできません。

コアトレについては受講している学年より下であれば単元自体は解放されているので妹や弟が使うことも可能ではありますが、スマイルゼミはお子さんの学習の理解度をAIで判定して問題を出しているので複数のお子さんが使うのは好ましくないと思います。

せっかく得意な部分や苦手な部分を判定して子供に合った問題を出してくれるシステムですので、しっかり活用しましょう。

現在の発展クラス・ドリルはどうなるの?

スマイルゼミの小学生コースには標準クラスと発展クラスがあります。発展クラスは標準より問題数が多く難易度も高いクラスいりますが、無学年式のコアトレとは違い教科書の範囲で応用問題が出る感じです。

そのため通常学習モードはそのままで、発展クラスは今後も残ります。

また、漢字や計算でコアトレともかぶる部分がありますが、漢検ドリルや計算ドリルはそのまま使えるとのことです。

スマイルゼミ「コアトレ」まとめ

今日は2022年4月からスマイルゼミに加わる新機能「コアトレ」について特徴や学習内容、使い方をまとめました。

  • 幼児~中学3年生レベルの問題が配信される無学年式学習
  • コアトレの対象は年中・小学生コースのみ
  • 配信される教科は国語と算数(数学)の2教科
  • 単元を細かく分けた小単元ごとに進むスモールステップ形式
  • 小単元ごとに解説動画と練習問題があるから先取学習も理解しやすい
  • 全国のスマイルゼミユーザーと「みんトレ」でバトルできる

学年式と無学年式のいいとこどりの新機能です。

応用力の土台となる基礎学力の向上に期待大!

我が家は無学年式の教材も受講していたことがあるので、1つの教材で学年式と無学年式両方が使えるということに驚いてかなり期待しています!!

まりママ
娘はみんトレを楽しみにしているので、配信され次第まだレポしたいと思います。
スポンサーリンク

-家庭学習